桑名市と相談業務の支援に関する協定を締結(三重県行政書士会)

2020.05.13 Wednesday

桑名市(伊藤徳宇 市長)と三重県行政書士会(若林三知 会長)は、令和2年5月1日(金)、「新型コロナウイルス感染症に関連する相談業務の支援に関する協定」を締結しました。締結式はオンライン(Zoom)で行われました。

 

この協定は、桑名市が設置する相談窓口(コールセンター)において、新型コロナウイルス感染症に関連した生活支援、事業者支援に係る各種制度の内容や申請書類などの電話相談に、当会 桑名支部所属の行政書士が中心となって、相談員として対応させていただくものです。

 

市民の皆様や事業者の皆様に安心して暮らしていただくため、また、桑名市が円滑な行政サービスを行っていただくための一助になれば幸いです。今後も、行政書士ができる支援を色々な場で提供していきたいと考えています。

 

online_kyoutei

 

annnaiban

 



新着情報
ニセ行政書士にご注意を!

行政書士又は行政書士法人でない者が、他人から依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類、 権利義務又は事実証明に関する書類を作成することを業として行うこと (他の法律に別段の定めがある場合等は除く)は、法律で禁止されています。
国家資格者である行政書士であるかどうかは、日本行政書士会連合会のHPから確認できます。

会員・法人 検索システム

日本行政書士会連合会へ

行政書士でない者に行政書士業務を依頼してしまったら、依頼者にも損害が生じる事がございますので、 登録された行政書士であるかどうか、ご確認の上ご依頼ください。